便秘薬 市販医薬品の解説

コーラックシリーズで便秘を解消!薬剤師が使い分けを解説

こんにちは、薬剤師のるい(@yakuburo17)です。

 

便秘薬といったらコーラックシリーズが有名ですよね。

 

コーラックシリーズといっても多くの種類があり、お腹にやさしいものから強いものまで様々です。

 

るい
初めての方はやさしめなものから飲んでいきましょう
弱いものから初めて適切な薬を選んでいくのが大事です
よめちゃん

 

初めての便秘薬は酸化マグネシウムがおすすめ!薬剤師が解説します

  こんにちは、薬剤師のるい(@yakuburo17)です。   皆さん、便秘になったことはあります ...

続きを見る

 

具体的にいうと初めての便秘薬は「酸化マグネシウム」が含まれている商品がオススメ!

るい
酸化マグネシウムについては記事をまとめたので一読してみてください

便秘のガイドラインでも第一選択に挙げられるほど有効性と安全性のバランスが良いです!

 

今回の記事では・・・

 

こんな方におすすめ

  • コーラックシリーズの違いは?
  • コーラックシリーズの使い分けは?

について解説していきます。

 

コーラックシリーズの違い

 

便秘薬は大きく分けて「非刺激性」と「刺激性」に分類することができます。

 

非刺激性は優しく、刺激性は強めの便秘薬ということになります。

 

よめちゃん
コーラックシリーズはどのように分類されるのかな?

 

コーラックシリーズに当てはめるとこのように分類することができます。

 

初めての場合は優しめなものから飲んでいただきたいので、非刺激性に分類されるものから服用していきましょう。

 

るい
使い分けについては下記で説明していきます。

 

コーラックMgとコーラックファイバープラスの違いは?

 

商品名 コーラックMg コーラックファイバープラス
年齢 5歳~ 3歳~
成分 酸化マグネシウム1980mg 水酸化マグネシウム1260mg
プランタゴ・オバタ4200mg
用法 1日1回就寝前(又は空腹時) 1日3回食前(又は食間、食後)

※成分量は最大量を服用したとき

※1回量は年齢により異なる

 

コーラックMgは酸化マグネシウムを主成分としていますが、コーラックファイバープラスには「プランタゴ・オバタ」というオオバコ科の植物を主成分としています。

 

プランタゴ・オバタとは?

オオバコ科の植物で外皮を精製したものが食物繊維として便秘薬などに配合されています。水を含むと膨らむ作用があるので腸内で水分を吸収することで排便を促します。刺激性の便秘薬ではないので腹痛などの副作用も少ないとされています。

 

コーラックMgは水分を便に含ませることにより排便を促し、コーラックファイバープラスは水分を食物繊維に集めて膨らませることで腸に物理的刺激を与えて排便を促します

 

また、コーラックは1日1回に対してコーラックファイバープラスは1日3回ですのでコーラックMgが回数的には楽ですね。

 

よめちゃん
コーラックファイバープラスは効果が表れるのが遅いので即効性を求めるならばコーラックMg一択でしょう。
食事量が少なく、食物繊維不足の方はコーラックファイバープラスがオススメです
るい

コーラックとコーラックⅡの違いは?

 

商品名 コーラック コーラックⅡ
年齢 15歳~ 11歳~
成分 ビサコジル10mg ビサコジル15mg
ジオクチルソジウムスルホサクシネート24mg
用法 1日1回就寝前(又は排便数時間前)  1日1回就寝前(又は空腹時)

※成分量は最大量を服用したとき

※1回量は年齢により異なる

 

コーラックとコーラックⅡには「刺激性」のビサコジルが含まれています。

るい
1錠中のビサコジル量は同じです。

しかし、コーラックⅡにはジオクチルソジウムスルホサクシネートという成分が追加されています。

 

ジオクチルソジウムスルホサクシネートとは?

別名「DSS」と呼ばれるもので硬くなった便に水分を含ませてやわらかくする作用があります。

 

コーラックⅡのほうがDSSが含まれており、やわらかい便がでやすくなるため排便時の痛みなどが軽減されます。

 

1錠中のビサコジル量は変わらないので少しでもやわらかい便をだして排便時の痛みを軽減したい人はコーラックⅡ、特に気にならなければコーラックを選択しましょう。

 

るい
刺激性は効果が高いので最初は1錠で飲むのもありです。
医療現場でもご自身で調節するように促すことが多いですが勝手に増量するのはNGです
よめちゃん

注意ポイント

「刺激性」の薬は、一般的に「浸透圧性」の薬と比較して効果も高いとされている一方で、長期的に使用することで耐性化するリスクもあるため頓服で使用することが推奨されています。また、腹痛などの副作用も起こしやすい傾向にあるので初めて使う際は最小用量から使用するようにしましょう。

 

コーラックファーストとコーラックⅡの違いは?

商品名 コーラックファースト コーラックⅡ
年齢 15歳~ 11歳~
成分 ビサコジル10mg
ジオクチルソジウムスルホサクシネート32mg
ビサコジル15mg
ジオクチルソジウムスルホサクシネート24mg
成分(1錠中) ビサコジル2.5mg
ジオクチルソジウムスルホサクシネート8mg
ビサコジル5mg
ジオクチルソジウムスルホサクシネート8mg
用法 1日1回就寝前(又は空腹時)  1日1回就寝前(又は空腹時)

※成分量は最大量を服用したとき

※1回量は年齢により異なる

 

コーラックファーストとコーラックⅡに含まれている成分は全く同じです。

 

しかし、1錠中に含まれている成分量が異なります。

 

コーラックファーストは1錠中に含まれているビサコジル量が最少量なので少しずつ調節できるのが一番の特徴です。

 

そのため、初めて刺激性の便秘薬を使用する際はコーラックファーストを購入してみるのがいいですね。

 

よめちゃん
調節できるので自分に合った用量を見つけやすいです。

 

まとめ コーラックシリーズの使い分けは?

 

便秘薬の簡単な使い分けは上記のとおりです。

 

食物繊維を意識した食事、水分摂取、適度な運動などの生活習慣の改善をまずは行いましょう。

 

便秘薬の使用に関わらず生活習慣の改善は行っていくことが重要となります。

 

便秘薬を初めて使う際は「浸透圧性」の薬である「コーラックMg」か「コーラックファイバープラス」を使用しましょう。

 

るい
刺激性の薬から使用するのは避けましょう

 

浸透圧性の薬を使用していても効果が見られない場合は「刺激性」の薬を頓服で使用してみましょう。

 

「刺激性」の薬は「コーラック」「コーラックⅡ」「コーラックファースト」がありましたが、初めて使う際は最低用量の成分が配合されているコーラックファーストがオススメです!

 

よめちゃん
頓服、短期的に服用することが重要です!

 

注意ポイント

OTCの便秘薬を使用しても改善がみられない場合は医療用の薬で治療する必要がある可能性や別の病気が隠れている可能性も考えられるので病院を受診するようにしましょう。

 

-便秘薬, 市販医薬品の解説

© 2020 ヤクブロ Powered by AFFINGER5